乗鞍高原温泉に関する情報と乗鞍高原温泉のおすすめの宿

乗鞍高原

乗鞍高原は、長野県松本市安曇にあります。

温泉そのものは古くから源泉の存在が知られており、1920年代には湯の花採取のための湯畑が存在していましたが、1976年に高原に引き湯をして乗鞍高原温泉(のりくらこうげんおんせん)が誕生しました。

乗鞍高原は北アルプス最南端の乗鞍岳(3026m)の東側山麓の標高1500mに広がる高原です。

夏の新緑や花の中のトレッキングや白樺林のなかのドライブ、冬はスキーなどのウィンタースポーツの拠点として、高原リゾートを満喫できます。

高原をめいっぱい楽しんだ後は、旅館やペンションで乳白色の天然温泉でゆったりとくつろぐことができます。

 

乗鞍高原温泉のおすすめの宿

休暇村乗鞍高原
けやき山荘
美鈴荘
プチホテル・アルム
ペンションMr.チャーリーブラウン
ペンションオレンジペコ

 

泉質:硫化水素泉

効能:神経痛・筋肉痛・慢性婦人病・切り傷・糖尿病・高血圧・動脈硬化症・慢性皮膚病・関節のこわばり・打ち身・慢性消化器病・冷え性・疲労回復など

泉温:50℃

このページとよく似た記事

コメントは受け付けていません。